医療脱毛は痛い?そんなイメージは古い!

医療脱毛といえば痛い。

そんなイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、ハッキリ言っておくとそのイメージはもう古いです!

医療脱毛はここ数年で劇的に変化しました。

ここでは「現在の医療脱毛のリアルな痛み問題」を実際に体験した私がまとめていこうと思います。

ひなこ

痛がりゆえにガッツリ調査した結果と感想のMIXです!

医療脱毛の痛みレベル

まず、現在の医療脱毛の痛みはどのくらいなのか?をお伝えしておくと、輪ゴムでパチっと弾かれる程度の痛みレベルです。

ひなこ

痛みゼロではないけど、我慢できる程度って感じ!

もちろん、部位や受ける人によってその感覚は違いので一概にはいえませんが、基本はその程度の痛みだと思っておけばOK。

MEMO
インフルエンザの注射すら打てないくらい痛がりな私でも無心で受けることができたので、安心してほしいと声を大にして伝えたいです!

ダイオードレーザーの蓄熱式ならさらに痛くない

痛くない、は言いすぎですがものすごく軽減されているのは事実です。

MEMO
今主流の脱毛クリニックでは、ほとんどがこの方式を採用しています。

このダイオードレーザーの蓄熱式(SHR式ともいいます)は、毛根ではなく「バルジ領域」とよばれる毛を生成する箇所に光の熱をあたえるというもの。

ひなこ

「コロンブスの卵」的な方式で、根本まで攻撃しなくてもいい分、痛みがすくなくなるというわけです!

ちなみにこの蓄熱式だと、毛の生え変わりサイクル(毛周期)に関係なく施術できるので、脱毛完了までがはやくなります。

さらに、1回の施術時間もスピーディになるというオマケつき。

MEMO
そんな蓄熱式の唯一の弱点が濃い毛に効きづらいという点。そのため、どの脱毛クリニックでも濃い毛に効く方式の脱毛マシンと蓄熱式の脱毛マシンは併設されています。

どうしても痛みが心配なら麻酔の使用も可能

医療脱毛は医療機関で受ける脱毛なので、どうしても痛いって場合は麻酔を使用することもできます。

ひなこ

麻酔っていっても塗るだけタイプなので安心安全です!

こういった融通が効くのも医療クリニックのメリットですね!

医療脱毛の痛み問題もまずは相談してみるべし!

医療脱毛の痛み問題について解説してきましたが、気になることは直接脱毛クリニックさんに相談しちゃうのが一番手っ取り早いです。

ひなこ

もちろん無料ですし、遠慮せずになんでも相談しちゃいましょう!

ひとつ気をつけたいのが、昔から脱毛を実施している地元の皮膚科だと、ここでご紹介したような蓄熱式の脱毛マシンを導入していない場合が多くなっております。

それでいて、料金もお高めなので医療脱毛を検討するなら最新の人気クリニックから選ぶようにしましょう。

MEMO
東京の医療脱毛おすすめでご紹介している脱毛クリニックを参考にして選んでもらえれば大丈夫ですよ!